徒然なるログハウス生活!
快適ログハウス生活、愛猫クロちゃんとガーデニング&家庭菜園、アウトドア&釣り等やってます!

中国の軍備思考??

『日本の軍事力欠如も要因 常任理問題で中国人専門家』

 【北京31日共同】中国の国営通信、新華社傘下の隔週週刊誌「環球」は最新号で、経済大国の日本が国連安全保障理事会常任理事国入りへの道筋を付けられない理由の1つに、軍事力の欠如を挙げる国内研究者の論文を掲載した。
 欠如の根拠は明らかにしていないが、日本が戦力不保持を定めた憲法9条の制約を受けていることを念頭に置いた指摘とみられる。中国が目指すべき大国の条件として、経済力に加え「強大な軍事力」の保有を鮮明にしている点で注目される。
 「軍事力強化によってのみ、平和は保証される」と題する同論文を執筆したのは、中国清華大の閻学通・国際問題研究所所長。国際安全保障、米中関係の専門家として知られる。
(共同通信) - 8月31日15時56分更新
--------------------------------------------------------------
中国の考え方は全く矛盾している。自国の戦法に他国の理を説法とはこれいかに、である。確かに経済力と軍備があれば、一目おかれるだろう!だが、その背景には常に強気のやり取りが見え隠れするはずである。強者が弱者に見えない力で押し付けることになる。

国連安全保障理事国には第二次世界大戦の勝戦国が君臨している。イギリス、アメリカ、ロシア、中国など今もなお核兵器を保持し、軍力を拡大しつつある国々である。先の北朝鮮のように自国の取引を核兵器開発をアピールすることで他国への影響力を増幅し、6カ国協議においても核兵器問題が主流となり、日本の拉致問題は蚊帳の外になった。
一体、それぞれの国々は平和をどのように考えているのであろう!
まったく持って不可思議な現象である。
核兵器を持っている国が影響力が強く、戦勝国だからというのは筋が通らない。安全保障理事という名称といささか逆行しているのではないだろうか?
中国は軍備の拡大を図りつつ、既成事実の資源開発などをアジアのあちこちで勝手に開始し、その事実を関係国側でも発展させようとしている。実に傲慢なやり方である。アジア諸国の多くの国々は経済的な発展を望んでおり、中国は裏で影響力をみせつつ経済貿易を推し進めている。日本の存在はその影になりつつある。

ロシアなどは日本の敗戦確実の終戦1週間前に中立条約を破ってハルピン側よりどっと兵を送り、戦力のない日本軍を殺戮した。日露戦争の恨みを晴らすかのように条約を破り、北方4島を占拠し、平和条約締結以降は返還する約束も反故にしようとしている。最近のロシアの外相は日本に対して言いたい放題で、日本政府は何をしているのかと思うほどである。これも中国との共同開発を始めてからのことである。

国連の分担金は日本はアメリカについで第2位の金額を払っている。ロシアや中国は嘘のような少ない分担額である。武力武装がすべてを可能にすると考えている中国、日本が軍備を拡大し、核兵器を持てば必ずや戦いとなる隣国であろう。
戦後、平和を念頭に世界の国々に援助金を提供してきた日本の苦労がまったく活かされていないと思うのは私だけだろうか?まして中国には莫大な資金援助をしてきている。その一部が軍備に利用されているはずである。
スポンサーサイト

中国市民の78%が、日本の経済援助を知らない!

-Yahoo海外ニュースより-
【北京23日共同】北京大と日本の民間団体などが23日発表した世論調査で、中国市民の78%が日本の対中経済援助を「知らない」と回答、日本の対中経済協力は中国で一般にほとんど理解されていないことが明らかになった。
 調査は、北京大と学識経験者らを集めた日本の民間非営利団体(NPO)「言論NPO」、中国英字紙チャイナ・デーリーが実施。日中両国で、それぞれの国のイメージなどについて聞いた。
 それによると、中国市民が日本の政治について持つ印象は「軍国主義」(60%)「民族主義」(50%)の順。逆に日本人が持つ中国政治の印象は「共産主義」(72%)「軍国主義」(36%)。
(共同通信) - 8月23日19時42分更新
------------------------------------------------------

日本のODAによる中国への経済援助総額は、3兆3千億円にもなる。
現在、中国はより強固な軍事拡大を図りながら、経済発展をも行い、目覚しい近代化を進行中である。この背景には日本による莫大な経済援助があったが、これらの事実を中国市民の多くが知らされていない。
にも関わらず、日本への歴史認識問題や靖国問題、はたまた尖閣諸島問題などの理由による反日デモを策略し、市民へのデモを背後より黙認!

中国市民は、これまでの日本の協力を知れば、日本を軍国主義オンリーと認識するものはなくなるだろう!今も行われている中国政府の国内への情報制限は、中国を共産圏を守るためのものなのだろうが、そこまでしなければならない背景には中国政府の統制が取れていない証でもある。
ある地域の医療機関では、入口に「日本人は歴史認識を改めて、戦争責任に対して反省し、誤れば治療を行う!」とわざわざ書いているところが存在すると言う。医療に関しても日本の医療技術を手取り足取り教育指導してきた事実を認識していない。
今の経済力を身につけた中国の社会的発展から考えれば、今後の中国へのODAは一切廃止すべきである。というか、不必要ではなかろうか?

中国のチベット侵略

-------------------------------------------------------------
独立国家であったチベットは、1949年に口火を切った中国の侵略で、戦闘によって人命損失の危機にさらされ、続いてすぐに、共産主義イデオロギーと文化大革命(1967- 1976)に代表されるような計画によって、普遍的な自由さえも失ってしまった。しかし、最悪の事態は既に過ぎ去ったかのような誤った認識がまかり通っている。現在でも、チベット固有の国民性、文化、宗教の独自性は、中国によって深刻な脅威にさらされ、翻弄され続けている。

中国の占領と弾圧の政策は、チベットの国家としての独立、文化、宗教性、自然環境の破壊を引き起こし、人々は基本的な人権まで奪われている。再三再四、国際法を犯す中国のこれらの破壊行為は、注目はされているが、未だに罰されることなく繰り返されている。

中国支配以前、チベットが独立主権国家として存在していたことが、2000年以上も前の歴史に記されている。近年では、1913年にはモンゴルと蒙蔵条約が、1914年にイギリスとシムラ条約が締結されていることでも、チベットが完全な独立国家として認識されていたことが明らかである。ただ、国際連合に代表をもたなかったために、世界は中国の侵略と破壊行為をただ傍観することを容認してしまったのである。

チベット人は繰り返し中国からの独立を訴えてきた。我々チベット人は非暴力による抵抗運動を行ってきているが、チベットでは10歳にも満たない子供達が「チベットは独立国家だ」とか「ダライ・ラマ法王にご健勝あれ」とささやいただけでも、中国は『母国』を『分裂』をたくらんでいると告発し、投獄を宣告されることが多々ある。チベット国旗に似たものを所持するだけで、7年間投獄される。
-------------------------------------------------------------
…恐るべし脅威の中国だ!
最近、中国は沖縄もどこの国も物でもないと言い出して来ている。
中国が欲しいものは、何が何でも訳の分からないことを引き出し、
自国の不可思議理論に当てはめる。

信じられない中国

またまた書いてくれたね中国の国際問題専門家の論文!!
---------------------------------------------------------------
Yahooニュース『沖縄の日本帰属に疑義=戦後の返還、根拠欠く-中国誌』

 【北京1日時事】中国の国際問題専門誌・世界知識の最新号は、沖縄の日本帰属をめぐる歴史的経緯を紹介した専門家の論文を掲載。この中で、「戦後の日本による米国からの琉球接収は国際法上の根拠を欠き、その地位は未確定のままだ」と主張した。
 中国のメディアに沖縄の日本帰属に疑問を呈する論文が登場するのは異例。中国は沖縄県尖閣諸島(中国名・釣魚島)の領有権などを日本と争っている。日本側主張の基礎となる沖縄の帰属についても問題点を指摘し、日本側を揺さぶることが狙いとみられる。 
(時事通信) - 8月1日19時1分更新
---------------------------------------------------------------

中国は沖縄県が日本の領土であることに異議を訴えているのだ。尖閣諸島の領有権問題があるために、その尖閣諸島が属する沖縄県自体も歴史的にみて、まだ日本帰属でなくどこのものでもない?などの考えを出してきた。
まったく馬鹿げた考えだ。そのうち九州に対しても言い出しかねない中国の専門家?一体、何の専門家なのだろう?
中国の異議を訴える専門家の集まりなんか?認識自体に大きな間違いと教育がその根底にはあるのだろう!日本でいう常識、世界の常識や認識が罷りと通らない国:中国!恐ろしい専門家がいるものだ。
中国市民はこの論文にどう思っているだ!まさに中国の恥である。このような考え方や認識のある国とは仲良くすること自体、無理というものである。
日本の外務省や沖縄県はどのように抗議するのだ!このような事まで野放しに書かせる日本政府側にも責任がある。
そのうち、中国の世界地図上で沖縄は中国領と書かれ始めるのでは?

中国政府の身勝手さに驚き!

現在、6カ国協議が行われているが、まったく話にならない!
核問題は解決の方向に進んでいるようだが、拉致問題に関してはアメリカ以外はまったく無視しているようだ。北朝鮮も「日本の貢献度は無い!」と言う始末!一体、何様と思っているのだろう??
特に中国には個人的に不信だらけだ。先日の反日デモにおいても政府としての謝罪はないわ、それだけでなく反日デモの責任は日本にあると言っている。その先導をしたのは中国の共産党なのはみえみえ!国際的には多くの国々がそれを理解している。

安保理G4にしてもどう考えたって、中国の嫌がらせとしか思えない。日本が他国に安保理支持を訴えると、中国が不支持するようにと言ってまわっているらしい。歴史認識を改めない限り等と言っているが、今の中国の経済発展に寄与している一番近い国は日本なのである。
だいたい、国際安全保障理事会への分担金を日本は約20%ほども支払って国際的に貢献度が高いが、中国やロシアなどは日本の金額が比べると無いに等しい額ではないか!まして安全保障常任理事国というのであれば、核兵器を持っていること自体がおかしい!戦後60年経過した現在、日本の世界への本質的な貢献度を比較すべきだろう!
口は出すが、金も人も出さない国が多すぎる!第二次大戦時の勝戦国が今も常任理事国であることも理解しがたい!本来ならばこれまでの貢献度によって決めるべきではないのか?

万一、日本が目指すG4で常任理事国にならなければ、分担金は今の中国やロシアと同額でいいはずである。税金の無駄使いになる。

日本からの中国への政府開発援助(ODA)の額は、恐ろしいほど高額だ。今の中国の経済発展からみて、すでにODA援助は不要だ。文句を言われながら援助してやる必要性は皆無!
さらに頭に来るのが東シナ海のガス田開発だ!日本が共同開発をするために資料の開示を要求すると無視し、資源の領海域にまたがる関係から、日本が民間会社に試掘権を与えると、今度は「中国の主権と権益の侵害」と自分勝手なことばかり!

書き出すと終わりがないほど怒りを感じてます。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。